企業理念

私たちは天然成分の不可能と未知に挑戦し、その有効性と安全性を科学し、人類のクオリティー・オブ・ライフ(QOL)を高め、健康寿命の延伸に貢献する。

 

ご挨拶

時代を超えて人々は、誰もが健康長寿を願っています。少子超高齢化社会に入った現代社会において、生活習慣病などによる医療費負担が大きな社会問題となっています。健康時の運動/食事習慣の管理が重要であるとの認識が高まり、菅においても、特定健診/特定保健指導や保険機能食品制度策定に至り、機能性表示制度も始まりました。それに伴い、自己の健康管理に加え、自然由来の健康食品や機能性化粧品などヘルス・スキンケア商品への関心が高まっています。同時に、安全性や機能性においては十分な科学的根拠が求められています。当社は「健康と美に貢献する」ために、株式会社エリナの子会社として2011年2月に設立しました。未知や不可能に挑戦するフロンティア精神で、沖縄亜熱帯植物をはじめとする自然由来素材を科学的エビデンスを有する健康/美容製品として提供し、健康長寿の願いに貢献してまいります。

代表取締役社長 禹 済泰 (ウ ゼテ)

 

経歴

1.専門分野

代謝性疾患(骨粗鬆症、歯周病、肥満・糖尿病)の予防及び改善する天然由来化合物の探索とその作用機構の解析

2.学歴
1985年 2月 嶺南大学工学部工業化学科卒業
1987年 3月 東京農工大学農学部農芸化学科研究生修了
1989年 3月 東京農工大学大学院農学研究科農芸化学専攻修士課程修了
1992年 3月 東京農工大学大学院農学研究科生物工学専攻博士課程修了
博士(農学)学位取得
2009年 9月 東京医科大学 医学博士(論文博士)学位取得
3.職歴
1992年 4月~1995年3月 (財団法人)相模中央化学研究所研究員
1995年 4月~2001年 東京工業大学生命理工学部生物工学科助手

(1999年6月~2001年12月Northwestern University Medical School,Visiting Assistant Professor)

2001年 4月~2005年3月 中部大学応用生物学部応用生物化学科助教授
2005年 4月~現在 中部大学大学院応用生物学研究科教授
2005年 4月~現在 株式会社エリナ研究開発部部長 (兼任)
2007年 5月~2012年 3月 東京大学大学院医学系研究科客員研究員
2007年 4月~現在 中部大学大学院MOT型MBAコース講師
2009年 4月~現在 日本科学振興会 科学研究費委員会専門委員
2011年 2月~現在 株式会社沖縄リサーチセンター代表取締役社長
2012年 4月~現在 東京大学大学院工学系研究科共同研究員
4.所属学会・活動

日本農芸化学会会員、日本動物細胞工学会会員、親規素材探索研究会会員、日本機能性食品医用学会会員

2002年 4月~現在 新規素材探索研究会・幹事 (現在に至る)
2007年 4月~現在 日本動物細胞工学会・評議員・幹事(現在至る)
2007年 4月~現在 日本機能性食品医用学会・評議員・2017年から理事兼任)
2011年 7月 日本動物細胞工学会総会・実行委員長
2017年 1月~ ノビレチン研究会発起人・常務幹事
5.研究経歴・実績
発表論文 代謝性疾患(脂質異常症、骨粗鬆症、肥満・糖尿病)の予防・改善天然化合物の探索とその作用機構の解析分野で100編以上
発表論文リスト
特許 20件の特許出願