研究開発戦略

健康と美に貢献する

天然化合物の革新技術(精製・構造解析・生理活性検索のcore technology)を基盤とし、

産・学・官の連携を通して独創的・効率的・競争的な健康・美容素材を開発する。

 

 

 

共同研究

 

当社は、これまで培ってきた

研究開発技術と、沖縄県を中心とした

産・学・官、連携の強みを生かし、

沖縄の自然素材に新たな可能性を求める企業や

効果・メカニズムの発見・解明に興味を持つ

大学との共同研究開発を進めております。

 

共同研究実績のある大学:

中部大学、東京大学、東京農工大学、

琉球大学、明治薬科大学、

静岡県立大学、横浜薬科大学

 

 

 

主な研究開発項目

 

1. 肥満や糖尿病を予防・改善する天然素材の開発

 

2.骨代謝調節天然素材の開発

 

3.歯周病や口腔ケア天然素材の開発

 

4.痒みなどを改善するスキンケア天然素材の開発

 

5.シークヮーサー搾り残渣を用いた機能性素材の開発

 

6.ギシギシ根を活用したメタボ・ロコモ対策食品の開発

 

 

 

特許

 

2015年4月

ノビレチン高含量抽出物の製法特許取得(特許第5735184号)(琉球大学との共同)

 

2016年1月

ノビレチン高含量抽出物の製法特許のライセンス契約(太陽化学(株))

 

 

 

研究助成金・補助金

 

2007年4月 〜 2009年3月:文部省科学研究費基盤研究

「骨粗鬆症予防及び改善機能性食品成分の細胞、骨組織及び動物における有効性検討」

 

2012年4月 〜 2017年3月:私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

次世代食育研究センター・基礎栄養科学研究拠点形成

「環境栄養因子の分子解析とその活性・体内動態の研究」

 

2012年9月:大幸財団自然科学系学術研究助成

「CD98依存性細胞融合機構の解析」

 

2012年7月 〜 2014年3月:おきなわ新産業創出研究開発費補助事業

「シークヮーサー絞り残渣とギシギシ根を活用したスキン・ヘルスケア機能性素材の研究開発」

 

2013年2月 〜 2014年12月:韓国農業振興庁農生命バイオ食医薬素材 開発事業

「柑橘類抽出物を利用する体脂肪及び脂質代謝改善健康機能食品の開発」

 

2014年6月 〜 2015年2月:ライフスタイルイノベーション創出推進事業(沖縄TLO)

「シークヮーサー絞り残渣を用いた排尿トラブル改善食品の開発」

 

2014年8月 〜 2017年2月:知的・産業クラスター形成推進事業(沖縄県科学技術振興課)

「シークヮーサー由来ノビレチンの機能を生かす高付加価値化粧品の開発」

 

2015年6月 〜 2017年2月:戦略的製品開発支援事業採択(沖縄産業振興公社)

「シークヮーサー絞り残渣を用いた排尿トラブル改善食品の開発」

 

2015年7月 〜 2016年2月:産学官連携推進ネットワーク形成事業採択(沖縄TLO)

「プロポリス抽出物に含まれる糖尿病予防・改善機能成分の高含有大量抽出法の開発」

 

2015年8月 〜 2017年2月:ライフスタイルイノベーション(実証型)事業(沖縄TLO)

「沖縄自生ギシギシ活用メタボ・ロコモ対策食品開発」